静岡 藤枝 焼津 オーダーメイドシューズ 靴 友樹 外反母趾,リウマチ,リハビリシューズ,巻き爪,足の悩み,浜松

オーダー靴,オーダーメイドシューズ,静岡

HOME | 注文靴 | 靴の悩み | JIS規格と靴

静岡・藤枝・焼津 オーダーメイドシューズ 靴 友樹ゆうき
静岡県藤枝市高洲32-31
TEL 054-636-7462
 090-3855-0793 

 

 

 
 
 
 
 
 

JIS規格と靴  SIZE(サイズ・足の丈) WIDTH(ワイズ・靴幅)

 

JIS規格・サイズ(足の丈)、ワイズ(靴幅)
外反母趾などを・・・

 
※ 足は左右対処の方はいらっしゃいません。

 
足の痛み、靴の悩み、外反母趾などお困りのお客様方からご相談を伺っていると
JIS規格表示されている靴のサイズや靴幅は頼りにならない。
というお話が出ます。
 
JIS規格は数値上の目安、靴がJIS規格を順守する事ではなく、
既製品の木型の問題となります。
 
靴を見てもサイズ表示の違いがありながら同じくらい。
小さな表示の方が大きなことも。
靴幅に至っては色々と問題は大きいと感じます。
 
人の足は数値で表示できるものではありません。
 
歩行中に足は形を変えながら歩行行動をします。
特に足裏のサイズは大きくその寸法を変化させます。
(インソールが足に合わない理由の一つ)
サイズ、足の丈だけではなく、
靴幅も足の特徴として個人差の大きな変化をします。
 
JIS規格の通りに靴が出来ていたとしても
お一人おひとりの足の違い、左右の差の違いに合うJIS規格は存在しません。
 
実際は靴選びにJIS規格を用いて足に合わせる事は不可能です。
多くの方がサイズ表示で靴選びを行いますが、
現実は目安程度とし、根本は市販の靴ですので、
足に確かな適正、適切な靴を選ぶ事は不可能であることを
認識しておくことは大切な事です。
 
ほかの産業分野ではJIS規格は必要なことだとも感じます。
しかし、靴においてはJIS規格を目安に靴を選ぶことも
靴が量産される靴では足に適切さを求める事がとても難しいといえます。
 


 
人の足に木型は足の環境、適切さを決定づけるモノ。
私はオーダーメイドで靴を靴型から足に合わせ作っています。
 
私は足のサイズ意識、認識として、
足そのものがサイズであり、足に必要なサイズは
足の丈と足幅だけだとは考えていません。
 
足の快適さと痛みや悩みでお困りの方に必要を考えると
足に合わせる為には多くの必要サイズが存在します。
 
殆どの方が足の痛みを経験します。
その痛みも様々、悪化傾向にある方や
神経の麻痺に至る方もいらっしゃいます。
 
出来る限り健康を取り戻すためには
靴で強いられ悪くしてしまった足に
ご自身の治癒力で回復方向に舵の取れる
適切な足の環境と状態に応じた対処が必要です。
 

足と健康を最優先に大切にする靴づくりを行っています。