静岡 フル オーダーメイド シューズ 靴 友樹

 

静岡 藤枝 フル オーダーメイドシューズ 靴 友樹

 
 

外反母趾

Hallux valgus

 
 

 
  

外反母趾、内反小趾、ハンマートゥなどの変形症状は靴で足を矯正されたもので、
靴内の環境、靴が足に適したモノとしてあっていれば外反母趾などの変形症状と悪化、
痛みを伴うことはありません。
 
 
 
私どもでは足の悩みやお困り、外反母趾でお困りの方が靴をご依頼いただくことが一番多く、その方々の足に合わせ、痛みや変形の悪化を防ぐための靴型を作成し靴を作っています。
市販の靴を作るための木型は人の足に対して矛盾した箇所を幾つか持ち、その箇所は量産、商業目的の靴製造では修正や補正が不可能なため、外反母趾などに至った方、外反母趾の悪化を続けてしまった方々は負担を強いられ悪くし続けてしまっていました。
様々な人の足のカタチに対して限られた範囲、量産性の効率化を優先した靴の木型から作られた靴はJIS規格(旧日本工業規格・現日本産業規格)で定められた靴サイズ規格に過ぎず、あくまでも工業製品、量産品としてサイズ表記され、人の足の目安に当てはめられるものではありません。(JIS規格に確認・人の足に対する靴サイズ表記ではなく、工業製品としての靴サイズ表記とのことです)
 
人の足はおひとりお一人違います。
その足の違いを私どもは尊重し、悪くしてしまった足に対しては必要な対処を靴に作り、これまでと違う靴との関係性の中で、足の痛みや悩みを少しでも解決、解消、緩和に結び付けていただきたいと思います。
そして、量産するのであれば、人の足に合わせる技術を基本にして構築する靴社会が早く訪れることを願い最大限の努力をさせていただいております。
  

 

外反母趾の原因

 

 外反母趾の一番の原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと母指のつけ根から先が圧迫されて変形します。 ヒールの高い靴はつけ根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。

  

(日本整形外科学会)

 
 

 症状

 特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。 その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。
靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

 

(日本整形外科学会)

 

 

予防

母指のつけ根はフィットして先はゆったりとした履物を選びます。

 

(日本整形外科学会)

 
 
 

 
 

国民病ともいわれる外反母趾ですが、その9割が女性です。 原因は解剖学的な母趾内転筋の硬さによるものや、骨格、ハイヒールなどがあげられます。 また、母趾・第2足趾の長さの問題というよりも後脛骨筋の筋力の低下による偏平足・開張足が問題となることもあります。 一般的に簡便には第1中足骨と母趾基節骨のなす角(HV角)が15度までを正常とし、15度~30度を軽度、40度以上を重度外反母趾としております。 (図2)疼痛を訴える場合、見た目が気になる場合や合う靴がなくなってきた場合などは治療の対象になります。 外反母趾によりMTP関節が内反しバニオン(腱膜瘤)が形成される、 足底にかかる荷重の中心が偏りにより胼胝(いわゆるタコ)が形成されることにより(図3)痛みを感じます。 変形が強くても歩行時の疼痛が弱く治療に抵抗されておられるうちに重度化していってしまうのも現状です。                            

 
 

 

(浜松労災病院)

 
 

 
 

外反母趾を悪化させてしまうのは靴が原因です。
ご注意ください。

 

 

静岡 フルオーダーメイドシューズ 靴 友樹
 
静岡 フルオーダーメイドシューズ 靴 友樹
 
 

外反母趾と症状名

 
 
人の足のカタチは様々で、カルテ上では「外反母趾」であっても、
足の変形の個人差は「外反母趾」と言う症状名は1つですが、
足の変形具合はみなさん違い、同じ人はいません。
 
外反母趾、内反小趾、ハンマートゥなどの変形は、
足が靴で無理を強いられ負けて痛みや変形に至ります。
 
変形、その個人差に必要な靴幅など足の環境は
おひとりお一人、異なります。
   

 

 

フルオーダーメイドシューズ 靴 友樹

〒426-0046
静岡県藤枝市高洲32-31
  TEL: 090-3855-0793
            054-636-742

CONTACT


ご予約

090-3855-0793

 

054-636-7462